自分への投資が最大効率である

こんにちは、マネートレーナーの寺島です。

今回は効率的な自己投資について。

 

ネットを見ていると「自己投資」といっても、色々な解釈があります。

「なんでも人生経験、若いうちは自己投資しろ!」という成功者系意識高い方々もいますし、「お金の投資なんかより自分自身へ投資しろ!」というボンヤリしたインフルエンサー系意識高い方々もいます(笑)

なんとなく僕の印象ですが、「人生を生きること自体が自己投資」⇄「お金を使うこと=自己投資」くらいの幅で世間でこの言葉が使われている印象でしょうか。

そんな色々な自己投資がある中、この記事では「自己投資=意識的な自己教育」と定義しようと思います。生きること全てが自己投資ではないですし、ただ単にお金を使うことが自己投資とも言わないスタイル。

 

投資=教育

僕が考えるもっとも一般的な投資は「教育」です。

子供への教育が一番イメージしやすいでしょうか?

子供の可能性は無限大!とよく言いますし、多くの親はその子供の可能性を開く為に教育を施します。

一昔前に親から言われていた一生懸命勉強していい学校に入り、いい会社へ就職し、一生懸命働いて・・・・みたいなことも、昔から続く教育ですよね(ここで学力的な意味合いが強いですが)。

「将来価値の上がる可能性の高いものへお金を投じて実りを得る」

これすなわち投資なのです。

人間(人材)への投資=教育であり、「教育=可能性を開く為の行為」と、この記事では定義したいと思います。

 

意識的に可能性を開く

さて、教育というからには、そこに方向性がなければいけません。

その人の可能性を開く為に何かしらのスキルを身につける。知識を身につける。経験を積む。これらは意識的に行われて初めて成果を得ます。

もちろん、かのスティーブ・ジョブズが述べたように「バラバラの点が繋がる」ということが起こるのが人生ですし、その意味で人生に無駄なことはないと言えますが、その点を繋げる意識自体を持っておかなければ多分繋がらないのが現実です。

僕の知り合いでも、色々な職を転々としていながらそれぞれで身につけたコトを今に繋げている人がいます。彼に話を聞くとその時々で自分のやりたいことをやってきたけど、その時々で自分に必要なスキルは意識してきたと言っていました。バラバラな点を自分なりの文脈で繋げる方向付けが重要なのです。

一方で、世の中には様々な職を転々としながら何も身についてない人もいます。こういう人達は恐らく、特に何も考えず人生を過ごしてきた人でしょう。このタイプの人は何か経験してもすぐに忘れてしまいます。目の前で起こる事象について自分なりに意味付けができないので、まさに点として自分の中に浮遊していて、時間と共にその点は消滅していってしまう。人間は物事を記憶する際にストーリー(文脈)として記憶します。逆を言えば、僕たちはただの単語は記憶できないのです。だからこそ、意識的な方向付け、意味付けが重要になってきます。

上記のような意味付けが出来ない人達が、いくら「自己投資!自己投資!」と叫んでも何も残らない可能性が高いでしょう。彼らはただお金と時間を消費していくだけ。僕が見る限り、自己投資といいながら単なる消費になってしまっている人は沢山います。何か凄そうな人達に煽られて自己投資したつもりで、その実単なる消費をしている・・・こんな人が世の中には沢山いるのです。

そもそもネット上で煽り気味に自己投資を叫ぶ人達は、あなたの可能性を開く意識がありません。彼らの意図はむしろその逆。それを聞く人の思考停止させ、可能性を閉じる方向性の情報発信が非常に多いと思います。それはもはや「教育」ではなく「洗脳」なのです。

自分を知らないとカラ回る

重要な視点をもう一つ。

意味付けや方向付けの際に、自分の特性を意識しないと苦労するということを覚えておいて下さい。

 

例えば、成功者や凄そうな人に憧れその人を目指す・・みたいなことはよくあると思いますが、その成功者のパーソナリティと自分のパーソナリティが似ていないとそもそも上手くいかないということがあります。

物凄い社交的なパーソナリティの人間の行いを真逆の人間がトレースできないですよね?

人はそれぞれ性格や趣味嗜好がありますし、何を善とするか?何を美しいと感じるか?という感覚の部分でも千差万別です。それらを無視して教育の方向付けすることや物事の意味付けすることは効果的とは言えないでしょう。

この視点はほとんど言及されていないと思います。

「成功者の真似をすれば良いのだ!」

「成功法則を学べ!」

「自己投資!」

と叫ぶばかりでそれがその人に取って本当に効果的なのか?本当に投資になるのか?はほとんど考慮されていません。

そして、今日も成功法則を学んだけど上手くいかなくて自己嫌悪、自己否定の気持ちになる人が生まれてます。

是非、「自分はダメなんだ・・」「成功者にはなれないんだ・・」と落ち込む前にそもそもそのやり方は自分に合っていたのか?を考えてみましょう。

まとめ

自己投資は最も効率の良い投資です。

僕もこのブログで何度も「自らの人的資本に投資しろ!」と書いていますしね。

当たり前ですが、金融資本の増強に繋がるお金を扱う知識や経験・スキルもあなたの人的資本への投資(自己教育)の結果身に付く能力です。

ただ、自己投資はやり方を間違えれば上手く行きません。

もっとも効率的に自己投資(教育)を行う為には、

  1. 意識的に方向付け、意味付けをする
  2. 自分を知る

という二点を忘れないことが重要です。

この二点を忘れるとそれは単なる消費となりがち。自己投資とは程遠い結果になります。

 

以上、あなたも効果的な自己投資を行って自分の可能性を広げていきましょう!

それでは、また

 

資産運用5つの鉄則(無料プレゼント)

「積立NISAを始めた」

「これから投資を始めようと考えている」

「将来が不安で少しでもお金を増やしたい」

「証券会社のセミナーに興味がある」

このように考えている人がいましたら、まずこの無料レポートを読んでみて下さい。

資産運用には絶対に忘れてはならない5つの鉄則があります。

この5つの鉄則を忘れた人は知らないうちに損をしますし、美味しそうな投資話を囁く人に騙されてしまう・・・

すべての人が自分の身を守るために、安全に資産運用を始めるために必ず知っておいて欲しいと思います。

よろしければFacebookも

最新情報をお届けします

Twitterが一番発信多いかも

おすすめの記事