金融商品におけるコミッションとフィービジネスの違い(証券会社の現状を聞いてきました)

こんにちは、マネートレーナーの寺島です。

本日は、コミッションとフィービジネスの違いについて書いていきたいと思います。

保険から有価証券まで、多くの金融商品を販売している人の収益源って何かご存じでしょうか?

ここが今回の話の肝です。

 

収益源は何か?

金融商品販売者の90%以上は、コミッション(契約手数料、またはキックバックに近いもの)で収入を得ています。

これは分かっているようで皆さん理解していないところ。

一からご説明します。


 

金融商品販売者のコミッション収入は、顧客が儲かるかどうかは関係ない

一番の問題点はここ。

有名な話として、2008年のリーマンショックの時に顧客の資産は半分になりましたが、コミッション収入がメインの大手金融機関は大きな増収となったのです。

コミッション収入とは、取引回数に依存します。つまり、お客様が売ったり買ったりした時点で収入になるものです。

マーケットの暴落があった場合、恐怖心から急いで売る人が急増し、必然的に取引回数は増えますよね?

そうなるとコミッション収入の金融機関は大儲けになるのです。

つまり、顧客の利益とバッティングしやすい(相反する)のがコミッション収入ということになります。

このような理由があるので、証券会社の営業マンは「今はこの銘柄が旬ですよ!」とか「これからはこの分野が伸びます!」と次々に投資案件を持ってきて顧客に回転売買を勧めてきます。売って買ってを繰り返させると金融機関は売り上げが上がりますが、一般的に顧客側は、その手数料分損をしていくことになります。

私は、このことをよく知っているので「絶対に金融機関の営業マンの言いなりで金融商品を買うべきではない!」と主張しています。

更に言えば、多くの営業マンは大した金融リテラシーを持っていませんし、自分たちの勧めている金融商品自体も詳しくは理解していない場合も多いです。

すみません、話が逸れました。

このコミッション収入は、本当に金融機関にとって都合の良い収入源で以下の2点に集約されます。

  1. 自分達にマイナスの危険がない
  2. 成績を約束しなくて良い

メジャーリーガーのイチローは過去にこのようなことを言いました。

「僕は、打率を追わない。ヒット数を追う」

これはつまり、フワフワ不確定で外部要因も絡む打率を意識するのではなく、日々確実に積み上げられる「ヒット数」を意識するということです。

打率は結果によって上がったり下がったりしますが、ヒット数は一度積み重ねれば下がることはありませんよね?

これを地で行っているのが、コミッション収入を得ている金融機関です。

「別に顧客の資産増加を約束しなくてよく、その投資結果がどうなろうが契約時点で約束された売り上げが上がる」という確実な収益源に集中しています。

顧客には「自己責任」を振りかざし、投資結果が悪くても金融機関はペナルティを払いません。既に自分たちの売り上げは確定しています。逆に投資結果が悪かった場合、「じゃあ、こちらが今はオススメです。取り返しましょう!」と営業してくるのです。

もし、これにも乗ったらまた金融機関は契約時点で売上を計上します。その先の結果は知ったことではありません。

少し、悪く書きましたが、彼ら金融機関の本音はこれで間違いありません。

重要なのは、”自分達の売上!”。顧客の資産運用結果は関係ない!と考えています。

理由は後半に。

 

顧客と同じ目線のフィー収入

コミッション収入に対して、顧客と同じ目線で相談に乗れる収入の得方があります。

それが、顧客の資産高に応じての%で手数料を頂く形のフィー収入。

フィー収入の場合は、顧客の資産高に応じて自分の収入額が増えたり減ったりします。つまり、顧客に利益が出れば自分の収入が増えますし、顧客の資産が減れば自分の収入も減ることになるのです。

リーマンショックの時のような顧客の資産が半分になれば、自分の収入も半分になるということ。

私は、この収入形態がフェアだと思います。真にお客様のことを考えるインセンティブが働きますし、お客様も運命共同体として安心して任せられるはず。

コミッション収入の場合は、「お客様にとって良いか?」より「得られるコミッションが高いか?」という点に強い重心が置かれています。(これは、営業マン個人の問題ではなく、金融機関の指示であることが多いです。)

実際、元証券マンの知り合いは「会社から指示される金融商品が良くないものと分かっていながら勧められない!」と会社を辞めました。このようにきちんとした金融リテラシーと良心がある人は、働いていられない職場なのです。

 

金融機関の現状

先日、この記事のトピックに関する興味深い話を聞きました。

それは、某N村証券の人が主催するIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)向けの勉強会での話で、現在の証券業界の今後についての講演だったようです。

そこで、アメリカの証券業界に詳しい某N村証券の研究員の方が、「今後はお客様視点のフィー型ビジネスに転換すべき」という話をしたようです。

しかし、某N村証券の上層部はもちろん、現場のIFAの人達もほとんど理解出来ていなかったとのこと・・・

 

曰く

「何故?わざわざフィー型にしなければいけないの?」

「会社の売り上げが落ちるじゃないか」

「そうするメリットは?」

 

こんな感じ。

以上のように彼らにお客様視点はありません。あるのは自分達の売り上げだけ。

当然ですが、大手金融機関がこれまでのコミッション収入からフィー収入に転換したら大きく売り上げは落ちるでしょう。当然です、不誠実で意味のない回転売買が使えませんし、今のダメダメな金融商品自体を一新しなければいけません。売り上げが上がる時期も長期目線で考えなければいけなくなるでしょう。

しかし、これを聞いて私は、悲しい気持ちになったと同時に、「自分のやっていることにライバルはいない」と強く思いました。

世の金融機関がこれまで通り、顧客抜きのコミッション収入に頼るなら私の敵はいないのです。

 

コミッションビジネス全てが悪いわけではない

以上、金融機関の収益モデルについてのお話でした。

「コミッション収入を全く無くせ!」とは私も思わないんです。フィービジネスはビジネスとしてまだまだ成り立つ領域が狭いのも間違いないので。

しかし、顧客の資産運用結果に全く責任を持たない姿勢、自分達の利益のみ考えた姿勢は結局自分達の首を絞めると思うのです。

私の理想は、顧客の資産が増えて私の収入も増える形です。そして、顧客の資産が増える目的であれば多少のコミッション収入もありだと考えています。実際の所、コミッションは広告販売費の側面もあり、本当に顧客の資産を増やす良い金融商品は出来る限り広めた方が良いと思うからです。

しかし、そんな金融商品の絶対数は少ない・・・

問題はロクでもない損しかしない金融商品を自分達のコミッション収入が高いという理由で売りつける行為です。(そして、その回転売買です)

あなたも金融機関の勧誘にはお気をつけて。自分で見る目を持っていないとリスクがありますよ

自分で勉強してみたい人はこちら↓

資産運用5つの鉄則!
現代人が絶対身につけなければいけない最低限の金融リテラシーを無料e-bookにコンパクトにまとめました。
詳しくはこちら

 

資産運用5つの鉄則(無料プレゼント)

「積立NISAを始めた」

「これから投資を始めようと考えている」

「将来が不安で少しでもお金を増やしたい」

「証券会社のセミナーに興味がある」

このように考えている人がいましたら、まずこの無料レポートを読んでみて下さい。

資産運用には絶対に忘れてはならない5つの鉄則があります。

この5つの鉄則を忘れた人は知らないうちに損をしますし、美味しそうな投資話を囁く人に騙されてしまう・・・

すべての人が自分の身を守るために、安全に資産運用を始めるために必ず知っておいて欲しいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事